BLOG

「Flowers」 ARTWORK

June 7, 2015

こんにちは。福間です。

いよいよ初のソロ・フルアルバムが7月7日に発売となります。

今回は、そのアルバムジャケットのアートワークをお願いした芸術家の人長果月さんにつきまして。

 

最初に人長さんの作品を見たのは、私が3月に京都に来た時に開催されていたPARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭での会場でした。複数のプロジェクターを使用し、大きな壁一面に混沌とした花の世界が繰り広げられる「Carpe diem」。複数の液晶モニタと赤外線センサーを用いて動的に展開される映像とサウンドエフェクト。おそらくは緻密にプログラミングされたであろうインタラクティブな作品の質感に私は「Techno」らしさを強く感じ、その場で圧倒されてしまいました。お花をモチーフにしたアート作品って、どこかおしゃれなカフェにアンプラグドなアコースティック演奏、みたいな印象があったりしがちだと私は思うのですが、人長さんの作品は硬質であり、言うなればシンセサイザーっぽいんです(この例えは今思いつきましたが)。

 

そこで一緒に観に行った知人に背中を押され勇気を振り絞り、その場にいらした人長さんにCDをお渡しまして、後日、ジャケットのアートワークをお願いできないか、とコンタクトを取ったのでした。

 

その後、何度か打ち合わせを行い、そこで自分の音楽性やコンセプトを伝えたところ快く了承して頂き、基本全面的に人長さんの芸術性にお任せするという流れで今回のジャケットは完成しました。結果、私はもちろんとてもとても気に入っております。最初に観て感動した人長さんの世界観が自分のジャケットになっているなんてとても嬉しいコトです。ここでは全てを紹介できていませんが、三つ折ジャケットトレイ裏面まで美しく展開される素晴らしい作品です。皆さんも是非実物を手にとってみて欲しいです。

 

「Flowers」の発売は7月7日からオフィシャルウェブショップで開始します。

 

宜しくお願い致します。

Please reload

Recent Posts
Please reload

COPYRIGHT (C) heliosphere, Hajime Fukuma. ALL RIGHTS RESERVED.