BLOG

「LIVE IN HEAVEN II」について

August 10, 2018

こんにちは。福間です。

 

さて、10/20(土)秋の京都・龍岸寺にて「LIVE IN HEAVEN II」を開催します。

こちらに越してきて4年目となりますが、遂にらしく(?)お寺の本堂内でライヴを行うことになりました。一般的に京都=神社仏閣のイメージが強いので、ひねくれ者の私としてはライヴ会場としてはあえて避けてきた所もあるのですが、そろそろお寺を舞台にライヴをしたいな、と考えていた所、昨年末偶然に龍岸寺さんを紹介してくださる方が現れたのです。

 

早速連絡を取りお話させて頂きました。若い住職さんによると龍岸寺では音楽のライヴをを始めとした表現活動も行える空間として使用することで、敷居の高い従来のお寺のイメージを積極的に変え、気軽に皆が参拝できる新しい(本来の?)お寺の在り方を目指しておられます。過去にも多くイベントが行われており、最近ではその姿勢に注目が集まり、各メディアからの取材も多いそうです(私もNHKで特集された朝の番組を偶然見しました)。

 

その心意気は本堂内各設備にも現れており、音響機器をはじめとした設備はオーバースペックじゃないかというほど本格的で、それでいてお寺本来の役割は当然受け継がれるわけで、例えば外観・内観や装飾の美しさも含め、それらが損われないよう配線に至るまで様々な工夫がされています。結果、お寺という空間に一見場違いな機材や配線類が不思議と違和感はなく、まるで元からお寺の一部であるかのようなふるまいを見せています。このあたりは修繕改装する際、何人もの専門家に相談をし検討を重ねた結果であるとのことです。

 

そして何よりも、美しく光り輝く本堂に私が足を踏み入れた瞬間、「あぁ、『今』の自分はここで演奏がしたい」と強烈なインスピレーションが湧いてきました。

「LIVE IN HEAVEN II」というタイトルが浮かんだのはその下見の帰りのバスの中でした。それ以降は様々なアイデアを練り、照明・レーザーさん、音響さんも交え打ち合わせを重ねています。こちら側から「ちょっと無理かな?」と思うような奇抜なリクエストも了承していただいています。

 

今回のタイトルは、2015年万博記念公園「鉄鋼館」で行われた「LIVE IN HEAVEN」の続編と銘打っていますが、アルバム「Flowers」から「ambi-valance」シリーズを終えた今、その中身、世界観は別物となり、別の視点から眺めた"天国"となります。ライヴは現在三部構成を考えており、それぞれにちょっとした面白い仕掛けも考えています。きっと楽しんでいただけますよ。

 

ようこそ極楽浄土へ。というわけで、チケット前売り予約受付は8/12(日)午前10時よりこちらのページで開始します。よろしくお願いいたします。

 

-------------

概要

公演日:2018.10.20(土)
公演タイトル:「LIVE IN HEAVEN II」

会場:京都・浄土宗 龍岸寺本堂
出演:福間創
時間:開場 17:15 / 開演 18:00 / 終演 20:00(予定)


チケット料金
予約¥4,000 / 当日¥4,500(ドリンクチャージはかかりません)
◎整理番号あり
・全席、座布団または椅子で着席にてお楽しみいただけます。
・会場でのドリンクの販売はございません。

・本堂内での開催のため雨による心配はございません。

チケット予約受付
08.12(日)10:00~ こちらのライヴページにて予約受付開始
◎ご予約受付完了後、オフィシャルから「予約完了メール」をお送りします。
◎メールの画面(またはプリントアウト)を入場時にご提示ください。料金は当日会場でのお支払となります。

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

COPYRIGHT (C) heliosphere, Hajime Fukuma. ALL RIGHTS RESERVED.